事業案内

不動産会社様向け事業

家賃債務保証とは

賃借人様が入居されている間、諸事情により家賃のお支払いが遅れてしまった場合、
当社が未払家賃等を賃借人様に代わり、不動産会社様又は賃貸人様に対して保証する仕組みです。

督促業務から明け渡しまでをアウトソーシング

不動産・管理会社様のメリット

1

督促業務や家賃管理等の不動産管理業務を軽減できます。
家賃滞納によるトラブルに時間を取られたり、煩わされることがなくなります。
督促、収納の業務については、弊社がお引受けいたしますので、家賃の延滞についてのご心配が不要となります。

2

選べる立替え方法 滞納報告型または収納代行型をお選びいただくことができます。

  • 滞納報告型月末時点でご入金が確認できず、滞納が発生した場合、弊社にて指定させていただいている書式をご提出いただくことにより、立替えさせていただきます。
  • 収納代行型毎月家賃を引落とさせていただくとともに、引落し日の翌営業日に概算払いをさせていただきます。

※その他、コンビニ払込用紙発送対応も承りますので、弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

3

弊社独自の審査システムにより、必要書類がそろい、本人確認ができましたら、最短で30分以内を目標にしたスピーディかつ安心な審査を実現しております。

よくあるご質問

申込時に必要な書類を教えてください。

お申込者が個人か法人によって添付いただく書類が異なります。 詳しくはお問い合わせ下さい。
お問い合わせページはこちらです。

捺印は実印でなくてもよいでしょうか?
実印である必要はございません。原則、賃貸借契約と同じ印鑑にて押印をお願いいたします。認印で受付可能です。連帯保証人様をお付けいただく場合も認印をいただければ結構です。(シャチハタ等、スタンプタイプの印鑑は不可)
保証はいつから開始になりますか?
保証契約日となります。
引落開始月は何ヶ月後からになりますか?
弊社が契約書もしくは口座振替依頼書を受領した日の翌月から引落開始となります。
口座不備などで翌月から引落しが開始とならない場合は、ご契約者様へ手数料を加算した金額でのご請求となりますので、誤記入、記入漏れなどには十分ご注意下さい。
口座名義は契約者ではなくてもよいですか?
口座のご名義人は契約者に限りません。親名義の口座を指定すること、お子様の家賃を親が支払うことも可能です。
契約書の記入を間違えてしまった場合、訂正は可能ですか?
二重線で取消し、訂正印を押印後、正しい内容をご記入下さい。
ただし、承認番号および保証委託料を誤って記入した場合は、お手数ですが新しい契約書へ書き直しをお願いします。
初回保証委託料の請求書はいつ頃届きますか?
毎月遅くとも10日までにはお届けします。
ご到着後、請求書記載のお支払い期日までにお支払いをお願いします。なお、振込手数料は貴社にてご負担下さい。
事務所兼住居としてのお申込で、殆ど住居として使用すると言われた場合の保証料は住居用でしょうか、事業用でしょうか。
賃貸借契約上にて定められている用途が住居用であれば住居用のプラン、店舗用または事務所用であれば、それぞれのプランの保証料となります。
法人の申込みはできますか?
お申込可能です。必要書類として登記簿謄本(3ヶ月以内取得)をご提出下さい。また、賃料等が高額な場合、決算書の写しをご提出いただく場合がございます。
すでに入居中の方に賃貸保証を利用することはできますか?
ご利用可能です。ただし、お申込をいただく時点での賃料等の未納がないことをご利用の条件とさせていただきます。また、過去の家賃のご入金履歴をご提出いただく場合がございます。